みはるんのぽれぽれライフ

日常のこと、趣味のウクレレのことなどのんびり綴っていきます

自分を守りながら働く。

去年の12月に痛めた右手と右ひざがようやく治りかけてきたと思ったら、今度は左手を痛めてしまいました。

仕事で段ボール箱の組み立てをするとき、いつも右手でテープ本体を持ち、左手でテープの端を持って引っ張ったり貼ったりします。ところが粘着力の強いテープを使っているうちに、左手の人差し指に粘着部分が繰り返し貼り付いて、指先の皮がむけてしまったのです。これ以上無理して箱作りをしたら、指の肉が露出してしまうところまで指先が赤くなりました。触るともちろん痛いです。

1月末から2月いっぱいまで早出勤が続き、体力的にも相当きつくなっていました。さすがに私の我慢も限界になり、主任に赤くなった指先を見せて、箱作りを他の人に替えてほしいことと、2月末から3月頭の1週間は定時より1時間早く上がらせてほしいことをお願いしました。結果、朝は早出勤が無くなり、私の希望通り早く上がれることになりました。仕事も、箱作りには他の人を充てて、私は手袋をはめてする箱詰めの仕事に回してもらいました。

指のことを心配して聞いてきた同僚の皆さんには、正直に赤くなった指を見せて皮がむけた経緯を話し、箱作りを代わってくれた人にはお礼を言いました。主任の態度は何となくきつくて、早く私に箱作りに戻ってほしそうでしたが、指が治るまではひたすら低姿勢で、できる仕事をしてしのぐしかなさそうです。

入社してから丸6年、ほぼ全面的に箱作りを任されて、一時的にとはいえ自分の都合で箱作りの仕事を離れることには心苦しさもあったのですが、結局は自分の体を守ることを選びました。ただでさえ箱作りは、社内の他の仕事に比べて体力的な負担の大きい仕事だと思います。その大変さを他の人に背負わせたくない、でもこれだけ大変だということを分かってほしい、両方の気持ちがあって葛藤していたのも事実です。

箱作りをしなかった1週間が終わって思うことは、私は今まで会社に尽くしたい一心でこれまで頑張ってきたのかもしれないということです。障害者雇用で、一般枠の募集しかないところをわざわざ障害者枠を作ってもらって応募、入社した経緯があります。それだけに、雇ってもらえた感謝の気持ちを仕事で返したい気持ちがあったのだと思います。でも、毎日何百枚もの段ボール箱をほぼ一人で組み立てることに、限界を感じるようになってきました。指の皮がむけたことが引き金になって、ついに自分から箱作りの仕事を降りました。それでも、他の人が箱を作って、何とか仕事は回っている。なあんだ、と拍子抜け。何でもっと早く、箱作りを代わってほしいと言わなかったのだろう。自分を守る選択肢はあったのに、ずっと選んでこなかった。やっと選べて良かったね、と自分に言ってやりたいです。

会社に貢献したい気持ちは、行き過ぎると逆に自分を消耗させます。自分の体の限界を知り、キャパシティー(許容量)とのバランスを取ることが大事だと、今回の出来事を通して身をもって知ったのでした。

 

向き不向き。

来る日も来る日も、仕事で大量の段ボール箱の組み立てをこなしている私です。
入社当初から箱作りの仕事はやっていましたが、かなり早いうちから全面的に任されるようになり、3年ほど経って私が中心になって箱作りをやることになりました。
会社は工場なので、もちろんいろいろ仕事はあります。ひと通りやらせてもらって、その中でも特に上達したのが箱作りだったというのもあります。他にも、取り扱っている20種類くらいの箱を覚えていて、箱と、使うテープと入れるビニール袋の組み合わせを全部頭に入れていることも任された理由かと思われます。(箱に入れる製品によって、組み合わせがすべて違います)それと、箱作りを何時間でも一人で黙々とこなせること。今でも一日3時間くらい箱を作るのは珍しくもないのですが、同僚に言わせるとこれだけ一人で大量にこなせる人もいないとか。それを聞くとキョトンとなってしまう私なのです。え?他の人はそうでもないの?と。

自分でも不思議なのですが、6年近く箱作りをしていても、飽きるということがありません。箱作りはどちらかというと単純作業の部類に入ると思うし、テープの貼り方も指定されていて工夫の余地などない、人によっては退屈の極みかもしれません。それでも私は飽きるどころか作るのに熱中できるし、作れば作るほど熟練していくのでむしろ箱作りは好きなのです。

入社時の面接で、「自分はコツコツと一つのことに取り組むのが得意で、この特性を御社の仕事に生かしたい」と話した覚えがあります。履歴書の志望動機にもそう書きました。面接してくださった当時の社長(現会長)も、「いいことだ」と私の特性を評価してくださり、めでたく採用となりました。

それから約6年。うつにもならず出社拒否にもならず、日々の仕事が勤まっているということは、今の仕事が自分に向いているということなのでしょうか。かつて、専門学校で介護を勉強し、お年寄りや障害を持つ人の役に立ちたいと思ってきた私。ところが在学中にうつ病を発症し、寛解後も複数の福祉施設へボランティアへ行ったものの、すぐに気持ちの落ち込みがひどくなり、次第に福祉や介護の仕事は自分には向いていないのかもしれないと思うようになりました。対人恐怖も強くなりました。その後は工場など製造畑を転々としていましたが、パワハラに遭ってひきこもりに。精神科にはかかっていましたが、医師との相性が悪かったこともあって、主治医も何度か替わっています。現在の主治医に福祉事業所を紹介してもらい、3年ほどかけて生活訓練を受け、就労移行から就職にこぎつけましたがまたもパワハラで退職。今度は自分で就職先を探さなければだめだと思って、選んだのが今の会社です。

入社後の私は最初に書いた通りです。どうやら私の興味は対人よりも対物であり、人と話しながら進める仕事よりも、黙々と手先を動かす仕事のほうが合っていたようです。人の役に立つ仕事がしたいと最初は介護の道を目指しましたが、箱作りだって立派に人の役に立つ仕事です。どんな形でも、社会の一員として自分を生かせる仕事に就けて、本当に良かったと思っています。

 

 

 

51歳。

1月20日に、51歳になりました。
いつの間にこんな歳になったのだろう。自分でも、50を過ぎた自分自身など想像もつかなかったです。本当に、いろいろ苦しいこと、つらいことがたくさんあったけど、曲がりなりにも何とか生きてきたなあと、とても感慨深いです。
仮死分娩で生まれて何とか命拾いして、学校に入ればいじめに遭い、訳の分からない生きづらさをずっと抱えてきました。19歳でうつ病を発症してからはずっと、うつとの闘いが続きました。仕事も続かず、ひきこもりも経験し、現在の主治医に巡り合ってようやく福祉事業所への通所と治療を並行して進め、回復への道を歩み始めました。主治医からは発達障害自閉症スペクトラム障害ASD)の診断を受け、闇の中にいた私は明かりと地図を手にした気持ちになりました。それからは本などで発達障害について勉強し、自分自身をよく知ることから始めました。障害者として生きていくことを決め、手帳を取得して障害者雇用での就職を実現。現在の会社に入社して間もなく6年が経とうとしています。

会社では既に中堅になり、出荷用の段ボール箱の組み立てを全面的に任されて、すっかりポジションが定着。通院などの用事以外での欠勤はほぼ無く、安定して出社できています。段ボール箱の運搬用に手袋を用意してもらえたり、寒い場所での仕事にストーブをつけることが認められたりと会社から便宜を図ってもらえることも多いです。現場責任者の主任との関係はかつてはぎくしゃくしていましたが、今は何とか上手くやっていけています。同僚からは付かず離れずのちょうど良い距離感で接してもらえ、中には私を愛称で呼ぶ人も多数います。(自然にそうなっていました)別に嫌なこともなく、親しまれているんだなと嬉しく思っています。

今、こうして振り返ると、かつては見えなかった様々なことが見えてきたり、理解できるようになっています。障害特性によるものであったり、対人関係に不安や恐怖があったりして上手くいかなかったことも、いろいろ経験を積んで学んだことで対処できるようになったことが多いです。現在の環境もだいぶ良くなって、生きづらさはかなり解消されています。ようやく光のさす場所へ出られた気持ちです。

これからも自分なりのペースで、ゆっくり着実に生きていくでしょう。あまり人並み、世間並みを目指さないで、自分らしい、自分ならではの生き方を追求していきたいです。

 

どうにもならないとき。

会社の年末年始休みも、今日で終わりです。
振り返ると、どこか遊びに行くでもなく、必要最小限のことを済ませて後はゆっくりしていたなと思います。
先月の初めに職場で転倒して右手と右ひざを痛め、仕事は多忙のうえ休日も車が使えなかったりで医者に行くのが遅れに遅れ、ようやく整形外科にかかれたのは休みに入った12月29日のことでした。
幸い骨には異常がなかったのですが、右手はすじを痛めていて治るのに1~2か月はかかると言われました。仕事ではどうしても手を使うので、1週間の休みのうちだけでもできるだけ右手をかばうようにしてあまり動かさないように、と言われました。右手には塗り薬、右ひざには冷湿布が出され、とにかく早く治すことを心掛けました。
文字を書くだけでも痛い、包丁で野菜などを切っても痛い、ウクレレの練習も休まなくてはいけない。(パソコンを打つのはあまり負担がないので今でもできます)あまり長くは歩けない。かなり日常生活に制限がかかり、だいぶ気持ちが滅入っています。それでも、音楽を聴いたり本を読んだりはできるので、大好きな中島みゆき(インストバージョン)を聴きながら、しいたけ占いの本など読んで休日最終日をじっくり味わっております。

いくら焦ったところで治るものではないので、できるだけ患部をかばって薬は一日3回はきちんと塗って、後はいかに気持ちを落ち込ませないか。私の場合、できるだけ人との距離を取って一人の時間を確保して、好きなものに囲まれてゆっくり過ごすこと。それがいちばん気持ちが落ち着く方法だと思います。

明日からまた仕事ですが、終業後はできるだけ早く帰宅して自分の体をいたわる時間に充てたいです。

2022年、ゆっくり始動。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
昨年の振り返りブログ、読み返してみてあまりにも自分のできなかったことばかりを並べた愚痴ブログになってしまったので、少し反省しまして。
今年は目標をどうしようか考えたのですが、逆に目標を立てるとそれに縛られて自分をしんどいところへ追いやってしまうような気がして、あえて立てないのもありかな、と考えました。
ただでさえコロナ禍が収まる気配もなく、いろいろやりたいことも我慢を重ねている。そのうえで仕事や家庭でのストレスもある。だから今年は、少しでも自分が心地よくなるように過ごしたい、という気持ちがあります。
もう50歳を過ぎ、体力的にも精神的にも無理がきかなくなってきているのを感じます。主治医からも、疲れやすさと感覚過敏を指摘されています。発達障害特有の疲れ方というものがあり、結構ギリギリまで頑張ってしまって気が付いたときにはただちに休まなければ回復するのに何か月もかかるくらいまでダウンしてしまうレベルです。
また、自分の良くない癖として、自分にダメ出ししやすいことがあります。良くなかったことは気付きやすく、あれもダメだった、これもダメだったと思い出して落ち込みやすいです。その反面、自分の得意なことやできていることに関しては、人から褒められても今一つ受け入れられなかったり、自分にとっては普通のことだからなぜそんなに褒めるのか分からなかったりということがあります。
だから今年は、とにかく仕事や家事で無理をしないこと。疲れが溜まってきたら、大事にならないうちに休みを取る。自分を責めない。褒められたら素直に受け取る。こういったことが、強いて挙げれば今年の目標になるでしょうか。
2022年は、ゆっくり行こうと思います。ブログのタイトル通り、「ぽれぽれ」でね。

2021年を振り返る。

気が付けば、あっという間に大みそか。振り返ると、仕事に追われた1年だったように思います。そのぶん、プライベートな時間が削られ、ストレスも溜まり、衝動買いが増えると言う悪循環。年初めに立てた目標の真逆を行く結果になったことは認めざるを得ません。
ちなみに、年初めの記事がこちら。

 

porepore-uke.hatenablog.com

暮らしのダウンサイジングどころか物は増え、汚部屋にさらに拍車がかかる状態に。特に本が増えました。仕事でも家でも諸々悩みを抱え、一番の相談相手にしているのが本なのです。自己啓発系の本、精神医療系の本、漫画も少し。売るなどして減らしたほうがいいのは百も承知ですが、まだ読みたい本がほとんどで、当分手放せそうにありません。
自分と向き合う時間も、ほとんど取れませんでした。仕事と家事に時間を取られ、やらなければならないことをこなすのが精一杯で、自由な時間が確保できず全く気持ちの余裕はありませんでした。
ウクレレはレパートリーを増やせず、ボールペン画は結局やめてしまいました。コロナ禍は終息する気配さえなく、笑う機会が増えるはずもありませんでした。
何だか力を使い果たした1年のようで、今はただゆっくり休みたいのです。目標には程遠い現状でも、ちゃんと自分にお疲れ様を言って、ねぎらってあげたいです。



いわゆる雑用のこと。

職場では本来の業務のほかに、種々雑多の雑用と言われる仕事も発生する。私の勤める会社(工場)でも、ゴミ出し、用具の移動、用具の片付け、再利用製品の処理、製品を入れる通い箱を広げること、などなど多岐にわたる。それらの仕事はほぼ、私が主任から命じられてやっている。
私の担当する業務は、出荷用の段ボール箱の組み立て、あとはいわゆる雑用に時間を割かれる。時間があれば製品の箱詰めもやらせてもらえるが、雑用が発生すればそちらが優先されて箱詰めは中断させられる。
他の人たちが箱詰めを続ける中、私だけが指名されて雑用をしなければならない状況に私も含めて同僚たちの間でも違和感を覚える人は多い。私は既に勤続5年以上、新しい人だって入ってきている。それなのにこの扱いは何なのだろうと、ずっと疑問に思っていた。それでも、私だからこそ頼みたいことだってあるだろうし、雑用でも立派な仕事だからと割り切ってやってきた。そんな気持ちを打ち砕くようなことを、ある一人の同僚から面と向かって言われたのである。

「かわいそうに」

 

一瞬、頭の中が真っ白になった。一言でも言い返せなかったのが悔しい。
おそらく彼女は、箱詰め以外は仕事じゃないと思っているのだろう。ゴミ出しなど自分の仕事ではない、格下の仕事と思っているからそういう見下した発言ができるのだ。

仕事帰りの買い物先で、最近よく目につくようになったのはいわゆる裏方の人たちだ。お店の床掃除をする人、品出しをする人、消毒液の補充をする人、駐車場の買い物カートを整理する人、などなど。商品の値札だって、誰かが貼ってくれたものだ。店員全員がレジ打ちをやりたがったら、当然お店の中は回っていかない。いろいろな仕事をする人がいて、初めてお店が円滑に回っていくのだ。

だから私は、そういう人たちにこそ敬意を払いたい。駐車場でカートを店内に戻す係の人がいたら、お願いしますと言って使ったカートを預けるようにしている。

お店でも自分の職場でも、きれいに整理されて補充すべきものが満たされている場所は、やはり居心地がいいものである。そう、会社の中の雑用は環境整備と言い換えてもいいかもしれない。それを私が任されているのだ。そう受け止めるだけで、今の仕事にも前向きに取り組んでいける。他の人がどう思おうが、関係ない。充分に、誇りを持っていい。